Shareholder FAQ

Shareholders Questions Answered

Shareholder FAQ2021-02-08T01:56:45+09:00
日本学術会議第3部化学委員会 無機化学分科会 秋の勉強会2021「21世紀のアジア経済における新展開現場の課題」、2021年10月20日。(オンライン)2022-01-06T18:43:34+09:00
遠藤環「メガ都市バンコクのダイナミクスとジレンマ[8]」『東亜』No.655、2022年1月、pp.58-59。2022-01-06T18:40:02+09:00
遠藤環「メガ都市バンコクのダイナミクスとジレンマ[7]」『東亜』No.652、2021年10月、pp.58-59。2021-09-19T22:05:00+09:00
遠藤環「メガ都市バンコクのダイナミクスとジレンマ[6]」『東亜』No.649、2021年7月、pp.58-59。2021-09-19T21:52:51+09:00
Endo, Tamaki. “Tension and Interaction between ‘Digital Informality’ and ‘Analogue Informality’ in Bangkok”, LSE Southeast Asia Blog, posted 17th June, 2021.2021-09-19T18:53:35+09:00
「タイ・バンコクのコロナ禍」(経済コラム 研究者の眼276)、埼玉新聞、2021年6月11日。2021-09-19T22:12:10+09:00
遠藤環「メガ都市バンコクのダイナミクスとジレンマ[5]」『東亜』No.646、2021年4月、pp.58-59。2021-05-10T04:00:30+09:00
Endo, Tamaki. “Urban informality at crossroad? Dynamics between inclusion and exclusion in Bangkok”, the Saw Swee Hock Southeast Asia Centre, LSE, March 31st, 2021. (online)2021-05-10T04:06:24+09:00
「都市問題としての労働」『都市科学事典』、春風社、2021年2月2021-05-10T03:23:05+09:00

都市科学事典
横浜国立大学都市科学部(編)/2021年2月
25000円(本体)/A5判上製函入1052頁
装丁:桂川潤
ニンゲンは都市を志向し、集い、住む。
コロナ禍が暴く都市とは? 未知の未来に向けてトランジション・シティを模索する。
都市に関わる多分野の専門知を体系化・再編成し、経験知と融合させて実践的に活かすための事典。10の領域群に476項目、執筆者348名による「都市の知」の集大成。(出版社ホームページの内容紹介より)
(ISBN 9784861107344)

春風社
http://www.shumpu.com/

目次|contents
領域1  歴史(空間史/身体/心性/アーカイブズ/記録/記憶/遺産)
領域2  空間と場所(近代における「時間と空間」/グローバル化のなかの「空間と場所」/移動と定住のなかの都市/都市のスケープと都市的世界)
領域3  政治と経済(都市と自治/地域開発/地域経済/産業と雇用/都市財政/社会政策)
領域4  制度と装置(都市制度/都市計画制度/都市の装置/インフラ管理/都市の装置/交通・エネルギーインフラ/都市の装置/環境インフラ/都市の装置/社会インフラ)
領域5  建築とデザイン(建築の誕生と歴史/建築と生産/建築と人・共同体/建築と安全/建築・地域と環境/都市と建築)
領域6  環境と生活(環境と生活の総合的な視点/都市の環境問題/生態系と人間の関わり/都市の環境と災害のリスク)
領域7  情報とネットワーク(都市、グローバル化、ネットワーク/都市、景観、メディア/メディア、空間、共有、移動/情報技術がもたらす都市・社会像/環境・防災と情報システム)
領域8  まちづくりとコミュニティ(まちづくりの過去と現在/まちづくりの方法と諸相/コミュニティとまちづくり/コミュニティの理論/思想と方法/コミュニティの制度と諸相)
領域9  市民と文化(国家・市民社会・ダイバーシティ/都市におけるセグリゲーションとディバイド/都市における生活世界の諸相/都市における民俗と文化)
領域10  知と思想(都市をとらえる知/都市に向かう知/都市と対峙する思想/都市を超える思想)

編者|editor
横浜国立大学都市科学部編
編集代表 佐土原聡(横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院教授)
編集副代表 小池治(横浜国立大学大学院国際社会科学研究院教授) 寺田真理子(横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院准教授)
編集総括監修 吉原直樹(東北大学名誉教授/横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院教授)

本事典の編纂は、2017年4月に横浜国立大学が50年ぶりの新学部「都市科学部」を開設したのを契機に開始。
「本事典が、横浜国立大学の都市科学部がめざす「都市科学」領域の確立の礎としての役割を発揮するとともに、都市について学ぶ方々、あるいは都市づくりやマネジメントをはじめ、都市に関わるさまざまな立場の方々、都市に関心をもたれている方々に広く活用いただけることを願っている」(「はじめに」より)

Discussant, Book Launch: ‘Thinking and Working Politically in Development: Coalitions for Change in the Philippines’, the Saw Swee Hock Southeast Asia Centre LSE, February 10th, 2021. (online)2021-05-10T04:04:40+09:00
遠藤環「メガ都市バンコクのダイナミクスとジレンマ[4]」『東亜』No.643、2021年1月、pp.56-57。2021-02-21T23:06:16+09:00
遠藤環「アジアの不確実な未来を共に生きる」(リレー連載「アジアの未来を語ること」)、『書斎の窓』、No. 673、2021年1月、pp.25-29。2021-02-21T23:44:47+09:00

遠藤環「アジアの不確実な未来を共に生きる」(リレー連載「アジアの未来を語ること」)、『書斎の窓』、No. 673、2021年1月、pp.25-29。

関連リンク:
有斐閣  書斎の窓バックナンバー 2021.01月号(No.673)
http://www.yuhikaku.co.jp/shosai_mado/2101/index.html?pNo=25&detailFlg=0

住宅研究・交流集会(今日の社会とハウシング・クライシス:日本と東南アジアの大都市の現実)「アジアのメガ都市を生きる:都市貧困層と居住」、国民の住まいを守る全国連絡会・住まいの貧困に取り組むネットワーク・日本住宅会議・関東会議(主催)、練馬区民プラザ、2020年10月31日。2021-02-21T23:06:58+09:00
遠藤環「メガ都市バンコクのダイナミクスとジレンマ[3]」『東亜』No.640、2020年10月、pp.56-57。2021-02-21T23:07:15+09:00
Endo, Tamaki. “Urban Informality at Crossroad?: Dynamics between inclusion and exclusion in case of Bangkok”, Workshop on “SDGs Seminar Informality in Cities: Perspectives from Asia”, organized by Tokyo University, Institute for Future Initiatives, August 28th, 2020. (Online)2021-02-21T23:49:31+09:00

Endo, Tamaki. “Urban Informality at Crossroad?: Dynamics between inclusion and exclusion in case of Bangkok”, Workshop on “SDGs Seminar Informality in Cities: Perspectives from Asia”, organized by Tokyo University, Institute for Future Initiatives, August 28th, 2020. (Online)

関連リンク:
SDGs Seminar Informality in Cities: Perspectives from Asia
https://ifi.u-tokyo.ac.jp/event/7713/

経団連・国際労働部会「コロナ禍におけるタイのバリューチェーンと労働の再編」、経団連会館、2020年7月31日。2021-02-21T23:13:06+09:00
遠藤環「メガ都市バンコクのダイナミクスとジレンマ[2]」『東亜』No.637、2020年7月、pp.56-57。2021-02-21T23:13:20+09:00
Endo, T., and M. Shibuya. “Urban Risk and Surviving Strategies: A case study of urban middle class and lower class in Asian megacities”, Paper presented at EURA-UAA Conference City Futures Ⅳ, University College Dublin, Ireland, 20-22 June, 2019.2021-02-21T23:13:41+09:00
遠藤環「メガ都市バンコクのダイナミクスとジレンマ[1]」『東亜』No.634、2020年4月、pp.56-57。2021-02-21T23:14:01+09:00
Endo, Tamaki. “Urban Development, Environmental Vulnerability and Equity: The Case of Bangkok”, Kyoto International Workshop on Consumption and Sustainability, Kyoto University, Feb 20th, 2020.2021-02-21T23:14:22+09:00
Goto, K., Endo, T. and A. Ito (2020), The Asian Economy: Contemporary Issues and Challenges, Routledge, 2020.2021-02-21T23:53:16+09:00

Goto, K., Endo, T. and A. Ito (2020), The Asian Economy: Contemporary Issues and Challenges, Routledge, 2020.

関連リンク:
Routledge
https://www.routledge.com/The-Asian-Economy-Contemporary-Issues-and-Challenges/Goto-Endo-Ito/p/book/9780367203719

遠藤環「『不平等化するアジア』:タイを事例に」、アジア研究 研究会、GRIPs、2019年12月 18日(招聘講演)。2021-02-21T23:14:56+09:00
Endo, T., and M. Shibuya. “Urban Risk and Social Response in Bangkok from Comparative Perspective”, International Workshop on “Dissent, Expectations and Leadership in Southeast Asia”, GRIPS, Nov. 29, 2019.2021-02-21T23:15:12+09:00
Endo, T., and S. Kurfurst. ‘Panel: Rethinking Asian Mega-Cities’, European Association for Southeast Asian Studies, Homboldt Universitat zu Berlin, 10-13 September, 2019. (Convener & Presenter)2021-02-21T23:15:28+09:00
Endo, T., and M. Shibuya. “Urban Risk and Surviving Strategies: A case study of urban middle class and lower class in Asian megacities”, EURA-UAA Conference City Futures Ⅳ, Royal Marine Hotel, Dublin Ireland, 20-22 June, 2019. 2021-02-21T23:15:52+09:00
遠藤環「バンコクにおけるスラム・コミュニティの大火災と復興過程」(共通論題:災害を上書きする街作り:陸前高田とアジアの経験)、国際開発学会第20回春期大会:2019年6月5日(於・陸前高田グローバルキャンパス)2021-02-21T23:16:09+09:00
Endo, Tamaki. “Risks and Surviving Strategies Matters in Urban Life: The Case of Bangkok, Shanghai and Tokyo”, Workshop “What Makes Asian Mega Cities in the 21st Century?: Reassessing theory and methodology for mega cities in the Global South”, The 2nd Southeast Asian Mega City Workshop Series, Institute of Development Economics (IDE-JETRO), Chiba, Japan, 7 March, 2019. (Organizer and presenter)2021-02-21T23:16:25+09:00
「インフォーマル経済の特徴と変容」「都市スラムの暮らし」「女性と経済」、信田敏広、 ほか編『東南アジア文化事典』、丸善出版、2019年。2021-02-21T23:16:41+09:00
遠藤環「タイのインフォーマル経済と新しい社会保障制度の模索(連載:ポスト人口ボーナスのアジア4)」、『東亜』No.619、2019年1月、pp.94-105。2021-02-21T23:17:02+09:00
「FOSと共にあった5年間を振り返って」 FOS Alumni Message No.20, 日本学術振興会先端科学シンポジウム(ホームページ掲載)、2019年1月7日公開。2021-02-22T00:28:17+09:00

「FOSと共にあった5年間を振り返って」 FOS Alumni Message No.20, 日本学術振興会先端科学シンポジウム(ホームページ掲載)、2019年1月7日公開。

関連リンク:

日本学術振興会
FoS Alumni Messages No.20
https://www.jsps.go.jp/j-bilat/fos/messages/20.html

Endo, Tamaki. “Informal Settlements and Urban Management: The case of Bangkok, Thailand”, Poster Session, Urban Transitions 2018, Sitges, Barcelona, Spain, 25-27 November, 2018.2021-02-21T23:17:36+09:00
埼玉大学経済学部市民講座(第23回)「メガリージョンが牽引するアジアの発展とジレンマ」、浦和コミュニティセンター、2018年10月17日。2021-05-10T12:57:27+09:00
アジア市場進出研究会(第1回)、「アジア経済の今」、株式会社ヘルスビジネスマガジン社、中央大学、2018年9月19日。(ゲスト講演)2021-02-21T23:18:06+09:00
Endo, Tamaki. “Urban Inequality, Informality and Social Conflicts: The case of Bangkok”, The 5th Global Conference on Economic Geography 2018, Cologne Germany, 27 July 2018.2021-02-21T23:18:19+09:00
遠藤環「「アジアの世紀」を学ぶ、「アジアの世紀」を教える:『現代アジア経済論』編集の事例から」(共通論題)アジア政経学会春季大会:2018年6月10日(於・学習院大学)2021-02-21T23:18:37+09:00
遠藤環・伊藤亜聖・大泉啓一郎・後藤健太編『現代アジア経済論:「アジアの世紀」を学ぶ』、有斐閣、2018年3月。2021-05-10T03:38:59+09:00

21世紀は「アジアの世紀」となるのか。成長著しい東アジア・東南アジア経済のダイナミズムを,経済統合,中国経済,グローバル・バリューチェーン,資本移動,労働移動,イノベーション,都市化,少子高齢化,格差,環境問題,援助などの切り口から分析する。

関連リンク
有斐閣
http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641184428

書評
『地方自治職員研修』2018年7月号の「BOOKS」に掲載されました。
『経済セミナー』2018年6・7月号の「新刊書紹介」に掲載されました。
『経済』2018年6月号の「新刊紹介」に掲載されました。
『東南アジア研究』56巻2号に掲載されました。

Endo, Tamaki. “The Governance Structure and Surviving Strategies of Thai Garment Industry: From perspective of global value chain analysis”, Poster Session, 1st Japanese-Canadian Frontier of Science Symposium 2017, OIST, Okinawa Japan, 2-5 November 2017.2021-02-21T23:19:18+09:00
遠藤環「インフォーマル経済の新段階:タイを事例に」(共通論題:アジアのインフォーマル経済と社会保障のフロンティア)アジア政経学会秋季大会:2017年10月21日 (於・富山大学)2021-02-21T23:19:31+09:00
「〈座談会〉高密度化するメガシティ」(村松伸・岡部明子・遠藤環・雨宮知彦・村上暁信・土谷貞雄:司会 林憲吾)『メガシティ6 高密度化するメガシティ』、東京大学出版会、2017、pp.255-278。2021-05-10T12:59:09+09:00
Endo, T., and M. Shibuya. 2017. “Urban Risk, Risk Response and Well-being in Asian Cities: The case of Tokyo, Shanghai and Bangkok”, Procedia Engineering, pp.976-984.2021-02-21T23:19:56+09:00
Endo, Tamaki. “Asian mega cities at the crossroads?: Urban dynamics, economic disparities and social responses”, Workshop on “Busan National University and Saitama University”, at Saitama University, Japan, 7 February, 2017.2021-02-21T23:20:09+09:00
埼玉大学経済学部市民講座(第21回)「新興国のメガ都市とインフォーマル経済:バンコクを事例に」、浦和コミュニティセンター、2016年11月30日。2021-02-21T23:20:21+09:00
Endo, Tamaki. “Living with Risks: Urban dynamics, informal economy and community in Bangkok”, Workshop “Research on South(east) Asian Cities: Infrastructures, livelihoods and risks”, The 1st Southeast Asian Mega City Workshop Series, Global South Studies Center, University of Cologne, 13 October, 2016. (Organizer and presenter)2021-02-21T23:20:40+09:00
Endo, Tamaki. “Urban Risk, Risk Response and Life Satisfaction in Asian Cities: The case of Tokyo, Shanghai and Bangkok middle and lower class”, Poster Session, 13th Japanese-German Frontier of Science Symposium 2016, Steigenberger Hotel Sanssouci, Potsdam Germany, 6-9 October 2016.2021-02-21T23:20:53+09:00
Endo, T., and M. Shibuya. “Urban Risk, Risk Response and Well-being in Asian Cities: The case of Tokyo, Shanghai and Bangkok”, Poster Session, Urban Transition Global Summit 2016, Shanghai International Conventional Centre, Shanghai China, 5-9 September, 2016.2021-02-21T23:21:06+09:00
遠藤環「「アジア化するアジア」と地域経済の再編:タイにおけるメガリージョンの形成と都市機能の変化」(企画特集:「アジアの地域経済・地域政策」)、『地域経済学研究』第31号、2016年6月、pp.2-18。2021-02-21T23:21:19+09:00
遠藤環「都市誌の可能性:都市を地域研究するとは?」(パネルセッション・コメンテーター)東南アジア学会:2016年6月5日(於・大阪大学)2021-02-21T23:21:32+09:00
遠藤環・青山和佳、韓載香[訳](カビール, ナイラ著)『選択する力:バングラデシュ人女性によるロンドンとダッカの労働市場における意思決定』、ハーベスト社、2016年。2021-02-21T23:57:33+09:00

遠藤環・青山和佳、韓載香[訳](カビール, ナイラ著)『選択する力:バングラデシュ人女性によるロンドンとダッカの労働市場における意思決定』、ハーベスト社、2016年。
(Kabeer, Naila. 2001. The Power to Choose: Bangladeshi women and labour market
decisions in London and Dhaka
(Verso Press, London/ Sage Publications, New Delhi)

関連リンク:

Endo, Tamaki. ”Southeast Asian Mega Cities at the Crossroad?”, Panel Southeast Asian Mega-cities at the Crossroad?: Urban Dynamic, Economic Disparities and Political Conflict, in Inaugural Conference of the Consortium for Southeast Asian Studies in Asia (SEASIA), International Conference Center-Kyoto, Kyoto Japan, 12-13 December, 2015. (査読有) (Convener & Presenter).2021-02-21T23:21:59+09:00
Endo, T., and K. Goto, “Value chain orientation and employment strategies amidst global competition and local labor shortages: The case of the Thai garment industry”, Working Paper No.11, Faculty of Economics, Saitama University, 2015.11.2021-02-21T23:23:31+09:00
Endo, Tamaki. “Urban Risk, Risk Response and Well-being in Asia”, Poster Session, 12th Japanese-German Frontier of Science Symposium 2015, Brighton Hotel, Kyoto, 2 October 2015.2021-02-21T23:23:37+09:00
Endo, Tamaki. Book Launch Seminar, “Living with Risk: Precarity & Bangkok’s Urban Poor”, Alice Salomon University of Applied Sciences, Berlin, Germany, 15 June, 2015.2021-02-21T23:23:42+09:00
「新興国メガ都市のジレンマ」(経済コラム 研究者の眼)、埼玉新聞、2015年6月12 日。2021-02-21T23:23:48+09:00
Endo, Tamaki. Book Launch Seminar, “Living with Risk: Precarity & Bangkok’s Urban Poor”, Department of Development, SOAS, 1 October, 2014.2021-02-21T23:23:52+09:00
Endo, Tamaki. “Living with Risk: Dynamics of the informal economy and community”, JKTWS2014 International Symposium “Radical Informality: The Alternative Vision for Sustainable Urban Environment”, University of Indonesia, 1 September, 2014.2021-02-21T23:23:58+09:00
Endo, T., and K. Kanai. “Occupation, Risk and the Subjective Well-being of Workers: The case of middle and lower class workers in three cities”, Working Paper No.7, Faculty of Economics, Saitama University, 2014.04.2021-02-21T23:24:04+09:00
「メガ都市に生きる人々」(経済コラム 研究者の眼)、埼玉新聞、2014年3月28日。2021-02-21T23:24:09+09:00
Endo, T., and K. Kanai. “Is ‘informality’ increasing? : Occupation, risk and subjective well-being of workers”, International Joint Seminar “Well-Being and Urban Risk Survey in Contemporary East Asia”, East West Center, Hawaii, 25 March, 2014.2021-02-21T23:24:21+09:00
Endo, Tamaki. ‘Well-being and Urban Risk: Overview’, International Joint Seminar “Well-Being and Urban Risk Survey in Contemporary East Asia”, East West Center, Hawaii, 25 March, 2014.2021-02-21T23:24:26+09:00
馬嶋裕・山森亮[監訳]、遠藤環・神島裕子[訳](L. ドイユル、I.ゴフ著)『必要の理論』、勁草書房、2014年。2021-02-21T23:58:57+09:00

馬嶋裕・山森亮[監訳]、遠藤環・神島裕子[訳](L. ドイユル、I.ゴフ著)『必要の理論』、勁草書房、2014年。
Doyal & Gough, A Theory of Human Need, The Guilford Press, 1991.)

関連リンク:

Endo, Tamaki. “Challenges to Bridge Between Needs of Local Residents and Professional Knowledge”, in “Sensible High DenCity 2014: Mega Design Studio Indonesia-Japan 2014”, Research Institute of Humanity and Nature, Universitas Indonesia and Chiba University, 2014, p.3.2021-02-21T23:24:33+09:00
Goto, K., and T. Endo. “Labor-Intensive Industries in Middle-Income Countries: Traps, Challenges and the Importance of the Domestic Market”, Journal of the Asia Pacific Economy. Vol. 19, Issue 2, 2014, pp.369-386.2021-05-10T03:44:10+09:00

Goto, K., and T. Endo. “Labor-Intensive Industries in Middle-Income Countries: Traps, Challenges and the Importance of the Domestic Market”, Journal of the Asia Pacific Economy. Vol. 19, Issue 2, 2014, pp.369-386.

関連リンク:
https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/13547860.2014.880283

 

Endo, Tamaki. Living with Risk: Precarity & Bangkok’s Urban Poor, NUS Press in association with Kyoto University Press, Feb 2014. (328 pages)2021-02-22T00:03:58+09:00

Endo, Tamaki. Living with Risk: Precarity & Bangkok’s Urban Poor, NUS Press in association with Kyoto University Press, Feb 2014. (328 pages)

関連リンク:
京都大学学術出版会
https://kyoto-up.or.jp/books/9784876983599.html

NUS Press
https://nuspress.nus.edu.sg/products/living-with-risk

Goto, K., and T. Endo. “Upgrading, relocating, informalising? Local strategies in the era of globalization: The Thai garment industry”, Journal of Contemporary Asia, Vol. 44. No.1, 2014, pp.1-18.2021-02-22T00:04:58+09:00

Goto, K., and T. Endo. “Upgrading, relocating, informalising? Local strategies in the era of globalization: The Thai garment industry”, Journal of Contemporary Asia, Vol. 44. No.1, 2014, pp.1-18.

関連リンク:
https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/00472336.2013.794365?journalCode=rjoc20

Endo, Tamaki. “Risk Response of Urban Lower Class in the ‘Century of Asia, Century of City: In Case of Bangkok’”, Poster Session, 10th Japanese-German Frontier of Science Symposium 2013, Brighton Hotel, Kyoto, 1 November, 2013.2021-02-21T23:24:45+09:00
埼玉大学経済学部市民講座(第18回)「アジアにおける都市の変化とリスク:バンコクを事例に」、浦和コミュニティセンター、2013年10月16日。2021-02-21T23:24:51+09:00
Endo, Tamaki. “Thailand and Japan in a Changing Asia Pacific Region: From Economic and Social Perspective”, Presented at International Seminar “Japan-Thailand Dialog” organized by Shibusawa Foundation, Crowne Plaza Hotel, Bangkok, 14 June, 2013.2021-02-21T23:24:56+09:00
遠藤環「ロンドン大学における研究動向と教育環境:都市研究、アジアへの視点」日本タイ学会第9回若手研究会:2013年5月25日(於・東京大学)2021-02-21T23:25:01+09:00
遠藤環「タイのインフォーマル経済:第13回 都市のダイナミクスの中で」、『タイ国情報』第47巻第1号、2013年1月、pp.11-17。2021-02-21T23:25:05+09:00
藤田幸一・遠藤環・岡本郁子・中西嘉宏・山田美和、「タイにおけるミャンマー人移民 労働者の実態と問題の構図:南タイ・ラノーンの事例から」、『東南アジア研究』第50巻2号、2013年1月、pp.157-210。2021-05-10T03:55:46+09:00

京都大学学術情報リポジトリ KURENAI 紅
https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/173865

東南アジア研究 50巻2号 2013年1月31日発行
https://kyoto-seas.org/ja/2013/01/tonan-ajia-kenkyu-50-2/

遠藤環「タイのインフォーマル経済:第12回 インフォーマル経済従事者にとってのコミュニティ」、『タイ国情報』第46巻第6号、2012年11月、pp.11-17。2021-02-21T23:26:29+09:00
遠藤環「タイのインフォーマル経済:第11回 インフォーマル経済内の階層性② 職業階層、上昇への経路」、『タイ国情報』第46巻第5号、2012年9月、pp.11-19。2021-02-21T23:26:33+09:00
遠藤環「タイのインフォーマル経済:第10回 インフォーマル経済内の階層性① ジェンダー」、『タイ国情報』第46巻第4号、2012年7月、pp.10-15。2021-02-21T23:26:38+09:00
遠藤環「タイのインフォーマル経済:第9回 合法と非合法の合間で」、『タイ国情報』第46巻第3号、2012年5月、pp.13-18。2021-02-21T23:26:43+09:00
浦和ロータリークラブ 「都市のリスクとコミュニティ:バンコクの事例から」、ロイヤルパインズホテル、2012年3月16日。2021-02-21T23:26:47+09:00
遠藤環「タイのインフォーマル経済:第8回 タクシー・トゥクトゥク運転手」、『タイ国情報』第46巻第2号、2012年3月、pp.15-20。2021-02-21T23:26:52+09:00
遠藤環「バンコク都市下層民のリスク対応(第8章)」、速水洋子・西真如・木村周平編 『人間圏の再構築:熱帯社会の潜在力』、京都大学学術出版会、2012年3月、pp.239-269。2021-02-22T00:06:07+09:00

遠藤環「バンコク都市下層民のリスク対応(第8章)」、速水洋子・西真如・木村周平編
『人間圏の再構築:熱帯社会の潜在力』、京都大学学術出版会、2012年3月、pp.239-269。

関連リンク:
京都大学学術出版会
https://www.kyoto-up.or.jp/book.php?id=1783

「都市」、東長靖・石坂晋哉編『持続型生存基盤論 ハンドブック(講座生存基盤論 第6巻)』、京都大学学術出版会、2012年、pp.278-279。2021-02-22T00:08:21+09:00

「都市」、東長靖・石坂晋哉編『持続型生存基盤論 ハンドブック(講座生存基盤論 第6巻)』、京都大学学術出版会、2012年、pp.278-279。

関連リンク:
京都大学学術出版会
https://www.kyoto-up.or.jp/books/9784876982073.html

彩の国いきがい大学 「変動するアジア経済・社会問題:タイ・バンコクから考える課題と取り組み」、財団法人いきいき埼玉、2012年2月7日。2021-02-21T23:27:16+09:00
遠藤環「タイのインフォーマル経済:第7回 雑貨屋」、『タイ国情報』第45巻第6号、 2011年11月、pp.38-43。2021-02-21T23:27:12+09:00
埼玉大学連続市民講座 埼玉学のすすめ part2 第4回「変動するアジアとどう向き合うか:タイ・バンコクから考える現代の変化と課題」、埼玉大学、2011年10月22日。2021-02-21T23:27:09+09:00
遠藤環「都市の貧困をはかる」、『SEEDer(特集 都市をはかる)』No.5、2011年、pp.50-55。2021-02-21T23:27:23+09:00
遠藤環「タイのインフォーマル経済:第6回 廃品回収人」、『タイ国情報』第45巻第 5号、2011年9月、pp.28-35。2021-02-21T23:27:27+09:00
遠藤環「タイにおける都市下層民の住まい」、『アジ研 ワールド・トレンド(特集 世界の住まい・今)』第17巻第8号通巻191号、2011年8月、pp.15-16.2021-02-22T00:16:13+09:00

遠藤環「タイにおける都市下層民の住まい」、『アジ研 ワールド・トレンド(特集 世界の住まい・今)』第17巻第8号通巻191号、2011年8月、pp.15-16.

関連リンク:
IDE-JETRO
https://ir.ide.go.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=46106&item_no=1&page_id=39&block_id=158

Goto, K., and T. Endo. “Upgrading, relocating, or going informal? Local survival strategies in the era of globalization: the case of the Thai garment industry”, Kansai University Economic Society Working Paper Series F-51, 2011.07.2021-02-21T23:27:37+09:00
遠藤環「タイのインフォーマル経済:第5回 家内労働者」、『タイ国情報』第45巻第 3号、2011年5月、pp.36-43。2021-02-21T23:27:44+09:00
遠藤環「「タイを学ぶ本」第20回 自著を語る 『都市を生きる人々:バンコク都市下層民のリスク対応』」、『タイ国情報』第45巻第2号、2011年3月、pp.15-22。2021-02-21T23:27:56+09:00
遠藤環『都市を生きる人々:バンコク・都市下層民のリスク対応』(地域研究叢書シリ ーズ)、京都大学学術出版会、2011年2月。(第28回大平正芳記念賞2012年6月受賞)2021-05-09T19:12:50+09:00

遠藤環『都市を生きる人々:バンコク・都市下層民のリスク対応』(地域研究叢書シリーズ)、京都大学学術出版会、2011年2月。
第28回大平正芳記念賞2012年6月受賞

関連リンク:
京都大学学術出版会
https://kyoto-up.or.jp/book.php?isbn=9784876989867
第28回大平正芳記念賞2012年6月受賞
http://ohira.org/28-titlewinner/5/

 

遠藤環「タイのインフォーマル経済:第4回 建設労働者」、『タイ国情報』第45巻第1号、2011年1月、pp.58-63。2021-02-21T23:28:11+09:00
埼玉大学経済学部コミュニティ・カレッジ 公開講座(2010年度)「揺れ動くタイ:経 済・政治・社会の変化の中で」、浦和会館、2010年11月15日。2021-02-21T23:30:25+09:00
遠藤環「タイのインフォーマル経済:第3 回 バイクタクシー」、『タイ国情報』第44巻第6号、2010年11月、pp.41-46。2021-02-21T23:30:31+09:00
Fujita, K., T. Endo, I. Okamoto, Y. Nakanishi, and M. Yamada. “Myanmar Migrant Laborers in Ranong, Thailand”, IDS Discussion Paper No. 257, Institute of Developing Economies (IDE), 2010.2021-02-21T23:30:36+09:00
「タイのインフォーマル経済:第2回 屋台・露天商」、『タイ国情報』第44巻第5号、 2010年9月、pp.30-36。2021-02-21T23:30:40+09:00
Endo, Tamaki. “Occupational Change and Upward Mobility of Low Income Residents in Bangkok”, 『東南アジア研究』Vol.48 No.2, 2010年9月、pp.131-154。2021-05-10T03:55:21+09:00

東南アジア研究 48巻2号 2010年9月30日発行
https://kyoto-seas.org/ja/2011/04/tonan-ajia-kenkyu-48-2/

遠藤環「タイのインフォーマル経済:第1回 総論」、『タイ国情報』第44巻第4号、 2010年7月、pp.28-34。2021-02-21T23:30:49+09:00
「都市の世紀を迎えて:重層化する都市バンコク」(経済コラム 研究者の眼)、埼玉新聞、2010年2月11日。2021-02-21T23:30:54+09:00
けんかつオープンカレッジ 大学連携講座「世界の中の日本経済をどう見るか」(2009年度)「変動するアジア:グローバル化時代を迎えて」、埼玉県県民活動総合センター、2009年6月6日。2021-02-21T23:31:05+09:00
「インフォーマル経済」、『タイ事典』日本タイ学会(編)、めこん、2009年、pp.60-61。2021-02-21T23:31:09+09:00
Endo, Tamaki. “Occupational Change and Upward Mobility of Low Income Residents in Bangkok”, Kyoto Working Papers on Area Studies No. 65 (G-COE Series 63), March 2009.2021-02-21T23:31:13+09:00
Endo, Tamaki. “From Perspective of Urban Studies’, The First International Workshop ‘In search of Sustainable Humanosphere in Asia and Africa”, Global COE Program, 12-14 December, 2008.2021-02-21T23:31:18+09:00
Endo, Tamaki. “Informal Economy in Globalization Era: Perspective of Slum Community in Bangkok”, International Joint Workshop SAITAMA 2008 “Paradigm Changes in Development Strategies for Asian Countries: New Perspectives for the Next Decade”, 9 November, 2008.2021-02-21T23:31:22+09:00
埼玉大学経済学部コミュニティ・カレッジ 公開講座(2008年度)「変動するアジア:グローバル化時代を迎えて」、浦和会館、2008年11月6日。2021-02-21T23:31:27+09:00
遠藤環「東南アジアの都市貧困層の起源と特徴:バンコクの事例から」(特別講師)   第32回東南アジアセミナー『東南アジア世界の光と影』:2008年9月1日~5日 (於・京都大学)2021-02-21T23:31:31+09:00
遠藤環 「都市のリスクと人びとの対応:バンコクのコミュニティにおける火災の事例から」東南アジア研究所シンポジウム「災害に立ち向かう地域/研究:生存基盤持続への寄与をめさして」:2008年7月11日―12日(於・京都大学)2021-02-21T23:31:40+09:00
遠藤環「タイにおけるインフォーマル経済:都市下層民の職業階層移動から」(企画セッション)日本タイ学会第10回研究大会:2008年7月5日~6日(於・一橋大学)2021-02-21T23:31:45+09:00
Endo, Tamaki. “Women in the Informal Economy: Life course of female workers and global restructuring in Thailand”, Special lecture organized by ICMiC (Identity, Citizenship & Migration Centre), School of Sociology & Social Policy, University of Nottingham, 27 February, 2008.2021-02-21T23:31:49+09:00
遠藤環「都市コミュニティにおけるフィールド調査:関係性の構築と変化」フィールドワーク講座 フィールドワークと「危機管理」-ジェンダーの視点から(ゲスト講師):2007年12月22日~23日(於・お茶の水大 学)2021-02-21T23:31:54+09:00
遠藤環「都市下層民の職業移動と階層移動:バンコクの事例から」国際開発学会第18回全国大会:2007年11月24日~25日(於・沖縄大学) 2021-02-21T23:31:59+09:00
遠藤環「グローバル化時代の構造変化とインフォーマル経済」地域経済学会春季大会:2007年3月16日(於・京都大学)2021-02-21T23:32:04+09:00
博士論文「グローバル化時代のバンコクにおける構造変化とインフォーマル経済」 京都大学大学院経済学研究科2007年2月提出・5月授与。(第6回井植記念「アジア太平洋研究賞」「佳作」2007年10月受賞)2021-05-09T19:36:14+09:00
Endo, Tamaki. “Informal Economy in Era of Globalization: From Perspective of Urban Communities in Bangkok”, Seminar of Social Research Institute Chulalongkorn University, Social Research Institute Chulalongkorn University, 3 May, 2006.2021-02-21T23:33:35+09:00
Endo, Tamaki. “Informal Economy & Global Restructuring: From the Perspectives of an Urban Low Income Community in Bangkok”, Selected papers from the 2nd International Conference on Culture and Development: Celebrating Diversity, Achieving Equity, by SEAMEO SPAFA, 2006, pp.10-21.2021-02-21T23:33:40+09:00
Endo, Tamaki. “Informal Economy & Global Restructuring: From the Perspectives of an Urban Low Income Community in Bangkok”, International Conference on “Culture and Development: Celebrating Diversity, Achieving Equity”, organized by SEAMEO SPAFA, Windsor Suites Hotel, Bangkok, Thailand, 28-30 November, 2005.2021-02-21T23:33:44+09:00
Endo, Tamaki. “Informal Economy in a Glocalizing World:Perspective of Slum Community in Bangkok”, The 7th Kyoto University International Symposium “Coexistence with Nature in a ‘Glocalizing’ World-Field Science Perspectives-“, Hotel Nai Lert Park, Bangkok Thailand, 23-24 November, 2005.2021-02-21T23:33:49+09:00
Endo, Tamaki. “Informal Economy in a Glocalizing World:Perspective of Slum Community in Bangkok”, Proceedings of the 7th Kyoto University International Symposium on Coexistence with Nature in a ‘Glocalizing’ World-Field Science Perspectives, 2005, pp.117-126.2021-02-21T23:33:54+09:00
Endo, Tamaki. “From Formal to Informal? Global Restructuring and the Life Course of Women Workers in Thailand”, Gender, Technology and Development Journal, Vol.9 No.3, 2005, pp.347-372.2021-02-21T23:33:58+09:00
遠藤環「バンコクの都市コミュニティとネットワーク形成(第13章)」、田坂敏雄編『東 アジア都市論の構想ー東アジアの都市間競争とシビル・ソサエティ構想』、御茶の水書 房、2005年、pp.423-450。2021-02-21T23:34:03+09:00
遠藤環「グローバル化とインフォーマル経済:バンコクのコミュニティにみる女性のライフコース」アジア政経学会2004年度全国大会:2004年10月30~31日(於・東北大学)2021-02-21T23:34:07+09:00
Endo, Tamaki. “From Formal to Informal? : Life Course of Female Workers and Global Restructuring in Thailand”, International Conference on “Gender, Development and Public Policy in an Era of Globalization, Asian Institute of Technology, Thailand, 17-18 May 2004.2021-02-21T23:34:11+09:00
遠藤環「タイにおける都市貧困政策とインフォーマルセクター論:二元論を超えて」、『アジア研究』第49巻第2号、2003年4月、pp.64-85。2021-05-10T03:59:38+09:00
Endo, Tamaki. “Promotional Policies for the Urban Informal Sector in Thailand: Analyzing from the Perspective of Policies for the Urban Poor”, Kyoto University Economic Society PhD Candidates’ Monograph Series No.200212006, 2002.12.2021-02-21T23:34:21+09:00
遠藤環「タイにおける都市インフォーマルセクター促進政策:都市貧困政策からの検証」国際開発学会第13回全国大会:2002年12月1日(於・上智大学)2021-02-21T23:34:26+09:00
遠藤環「タイにおける都市貧困政策とインフォーマルセクター論:国家経済社会開発計画の分析を中心に」国際開発学会東海支部第3回研究会:2001年7月25日(於・日本福祉大学)2021-02-21T23:34:30+09:00
修士論文「タイにおける都市貧困政策とインフォーマルセクター論」 京都大学大学院経済学研究科2001年1月提出・3月授与。2021-05-09T19:35:17+09:00
Go to Top